もう20年以上前の話です。高校を卒業して大学に受かったは良いものの、家庭の事情から仕送りは殆ど望めず、ひとり暮らし、バイト必須の経済状態が予想されました。

そこで当時の日本育英会(現在は学生支援機構)から、大学4年間分、総額で200万弱のお金を借りました。(お金は親の経済状態等を提出し、ある程度の収入以下ならば借りる事が出来ました。)

大学入学後、当時の家賃は4万円程。バイト代は月に約10万程。育英会からのお金が月にすると36000円程でしたので、随分と家計の足しになったと記憶しています。

大学生の時に一人暮らしをするために友達から敷金分のお金を借りました。

大学3年生の時ですが学校の寮を出る事になったのですが引越し先の敷金が3ヶ月分必要ということで、まとまったお金が必要でした。

普通であれば親に言って立て替えてもらったりするのだと思います。しかし私は訳ありで親からお金を借りる訳には行きませんでした。

大学に進学するときに、親に「申し訳ないけど奨学金でないと通わせられない」と言われました。

それでもやはり大学は通いたかったので、奨学金を借りて大学に進学することにしました。

在学中の生活費も借りていました。4年間の大学生活を終えて、新卒の自分にはすでに500万円の借金がありました。

21世紀になってからの話です。当時は大学生でした。

大学も休みの土曜日に、朝からパチンコ屋に行きましたが、昼には所持金が全てなくなりました。

次の仕送りまで20日もあったのに全部使い果したのは、負けたらサラ金から借りようと決めていたからです。

私は2年ほど前、大学生の頃、友人に3万円を借りました。

ギャンブルにお金を使っていて、当時の家賃に使用する予定のお金に手を付けてしまい、借りることにしました。

当初はアルバイト代ですぐに返そうと思っていたのですが、お金が入ればギャンブルに使ってしまい、返せなくなりました。

私は今年から大学生になり一人暮らしを始めるのですが、父親から借金をして入学金と授業料を支払いました。

これには2つの事情があります。1つ目は、私が2浪したということです。1年目も2年目も志望校に届かず、予備校に行くお金を親に出してもらいました。

これはとても迷惑をかけたと思っています。しかも結局1年目志望した大学よりも格下の大学への進学となりました。

あれはまだ私が学生で、一人暮らしをしている頃でした。

当時バンドを組んでいて、神奈川から都内まで練習しにキーボードを持って電車に乗って座っていたところ、おじさんが激突して、楽器ケースが倒れてしまいました。

まだ楽器自体のローンが払い終わっていないのに、修理に出したところ、見積もりは安くて5万円。

ただでさえギリギリの一人暮らしでしたが、ネットで調べた結果、学生ローンからお金を借りることにしました。初めてのローン。

私は19歳の時、バリ島へ海外旅行へ行く計画を立ててました。

行こうと思い立ち、旅行会社のパンフレットなどを眺め、だいたいの費用を算出し、アルバイトに励みました。

これから支払われるはずのお給料と当時の貯金である程度の算段ができたところで旅行会社に申し込むつもりだったのですが、当時付き合い始めの彼女が居て、どうせなら一緒に行こうと言う話になり、自分なりにバイトのシフトを増やすなどをして多めの予算を作りました。

大学生の頃に数百円から1.2万円くらいまでの少額の貸し借りでしたが、仲が良い友人と気軽に(?)お金のやり取りをしていました。

食事を奢るなどとは別に、一緒に買い物に行ったときに衝動的に買いたいものがあるが手持ちがない場合、財布を忘れた場合など共に行動する時間が長かったため、頻繁に行っていました。

金額的にも少ないので、すぐに「あの時のお金」と返済していました。返済代りに何か奢ってもらったりとかで相殺することもありましたが、何のトラブルもなく日常的なやりとりとして行っている感じでした。

 私は大学生の時、実費で授業料や生活費を払っていました。

休みになるとアルバイトをしてお金を稼いで登録金に当てていましたが、ある休みの時に「どうせ奨学金がもらえるから、いいや」とアルバイトを怠っていました。

そしたら、学期が始まったのに奨学金がもらえないということを知らされ、慌てて誰かに借りれないか相談したことがあります。